【白菊舞见only!】【负债67龟甲MMD中】
文力残废的底边MMDer,挖坑以及拖坑
冷沼非主流up主,不舒服请叉页面
绝赞大量人设混乱中
(已辞职)丰后国审神者/渚轮区生存组合参谋/帝国图书馆特务司书/城娘柳川城主殿

假粮

测试结果凑数

手紙
『前略、どうか最後まで読んでください』から始まる手紙は雪白の便箋に39行、乱雑に綴られています。『今までありがとう』と締めくくられ、片道の切符が同封されていました。

お話は
「名前も知らないその人に、ひと目で惹かれてしまった」で始まり「静かで優しい夜だった」で終わります。

『目玉を3つ差し出さないと出られない部屋』に入ってしまいました。
120分以内に実行してください。

タイトルは『死が二人を別つとも』
煽り文は『好きになった僕が悪いの?それとも好きにさせた君のせい?』です

穏やかに微笑んで最後の嘘をつきました。
それは自分が楽になるための嘘でした。
「永遠を信じている」、と。
・・・泣いたりしないよ

 「疲れたね。過去ばっかり見るのも、叶わない夢ばっかり語るのも、全部疲れちゃった。」と滲んだ涙を拭いもせずに諦めたような声で言いました

自然にふたりで布団の中ですやすやと寝息を立てている。
朝目が覚めると、彼がキッチンに立ち、朝ごはんを作ってくれている。
愛おしいな。

お題は『ぼくたちが恋をする理由』です。

今夜のお題は『甘い痛み / お仕置き / 恥ずかしい台詞』です

君の名を呼ぶ。すると君は、痛みを堪えるような表情を見せた。どんな言葉をかけたなら、違った顔が見られるのだろうか。

さんの恋は白く曇って不透明な宝石になりました。
あなたはそれを相手とペアのイヤリングにします。
宝石に込められた意味は「最初で最後の恋」。


评论

© 白菊only-七夕楼° | Powered by LOFTER